症状から腎臓病を読み取る|初期症状に気付いたら勝ち!

医者

腎臓機能と症状

悩み

腎臓のもっとも基本的な機能は、老廃物を体外に尿として排出することです。腎臓病になったら、このような機能は低下します。尿検査で尿の中身を調べることで、本来排泄されることのないものまで含まれていれば腎臓に異常があると判定できるわけです。

詳しくはコチラ

食事療法が効果的な病気

女性

腎臓病の治療は食事療法と薬物療法ですが、毎日腎臓病食を作るのは大変です。そのような時はネットで食事療法をしている人のブログを見ると参考になります。また日常生活を改善することが腎臓病には大切です。特に喫煙と過度な飲酒は厳禁です。

詳しくはコチラ

治療と検査方法

悩み

腎臓病になった場合の治療は食事療法が中心になります。それだけでなく規則正しい生活を送ることも重要です。この腎臓病を発見する方法には、尿検査やクレアチニン・クリアランスという検査方法があります。腎臓病は自覚症状がない分、定期的な健康診断を行うことが大切です。

詳しくはコチラ

腎臓病の症状

腎臓のための工夫

女性

腎臓病の病気は、自覚症状がないのが特徴です。初期症状は、体のむくみや尿の変化(たんぱく尿や血尿)などがあげられます。その段階で異変に気付けば、早期治療ですみますが、気付かないままにしておくと悪化して進行している可能性がありますのでご注意ください。腎臓病を予防するための工夫をご紹介します。毎日の食事の中でも、工夫により予防することができます。塩分を控えめにした料理を作りましょう。素材そのもので楽しめる料理や、塩分の代わりに果汁をかけたり、香味野菜を利用したりする工夫で予防できます。たんぱく質の摂り過ぎは腎臓に負担がかかるので、量を減らしたりすることが大切です。十分なエネルギーが必要なので、バランスがとれた食事をこころがけてください。

腎臓のためにできること

乱れた生活習慣は腎臓に負担をかけ腎臓病を発症してしまいます。腎臓病は自覚症状がないので、少しでも異変に気付いたら病院での検査をおすすめします。日常生活の中で、気をつけたいことは、偏った食生活、運動不足、酒、タバコをしないように気をつけなくてはいけません。肝臓に負担をかけることで、病気になるリスクが高まります。肝臓病の初期症状は気づきにくいので、日ごろの生活習慣を改善することが大切です。もし、腎臓病を発症してしまった場合には正しい治療法で生活習慣を改善しましょう。過労や、激しすぎる運動、ストレス、食事などにもご注意ください。腎臓病は、いかに腎臓に負担をかけないようにするかが大きな課題となりますので、生活習慣を改め健康的な生活を送りましょう。