症状から腎臓病を読み取る|初期症状に気付いたら勝ち!

医者

治療と検査方法

食事療法と注意点

悩み

腎臓病であることが発覚した場合、どのような治療を受けるのでしょうか。基本的には食事療法が取られることになります。具体的にいうと、食事量を減らすこととたんぱく質の摂取を抑制することです。もちろん、十分な栄養を摂取することが前提条件になります。また、腎臓病になったら注意することがあります。それは規則正しい生活習慣を作るということです。規則正しい時間に睡眠を取って、規則正しい時間に起きます。適度な運動をして身体を動かす習慣をつけましょう。また、冷房や暖房のつけっぱなしはいけません。部屋の外と内で温度差の激しい場合は、身体に大きな負担になるからです。それから、体重を毎日確認して変化がないか見ることも大切です。

検査方法

腎臓病の検査方法にはいろいろなものがあります。ここでは、いくつかの検査方法を紹介します。まずは尿検査についてです。この検査は非常に一般的な検査方法ですが、本来排泄されないものが尿に含まれているかを調べます。そうして腎臓機能が正常かどうかを判断します。また、クレアチニン・クリアランスという検査方法もあります。血液と尿中のクレアチニンを調べて腎臓の老廃物排泄機能を確認します。このような検査方法から腎臓病かどうかがわかります。腎臓病は厄介なことに自覚症状がほとんどありません。症状として表れないので、自分が腎臓病かどうか判断できないのです。もちろん、急性腎炎の場合には、発熱や咽頭痛が起こるという症状があります。